« 151号が置いてある書店 | トップページ | POの営業とプラネッツの発送 »

明日から師走!

今日で11月も終わりですね。今日は詩の実作講座でフランスの詩人、ジュール・シュペルヴィエルについてお話をさせていただきました。彼の詩は難しい詩が多く、自分で分かっていないことを人に伝えるのは大変やなあ、というのが実感、笑。でも、詩とは何か、ということについては学ぶところが多かったので、自分のためにはなったかなと思います。

・・・という訳で、仕事以外のことが盛りだくさんだった11月がようやくおわりました。明日からは仕事と忘年会(!?)にだけ力を注げます、笑。ガンバローっと!

今日のおまけは庭の花です。といってもミニバラの鉢植え、狭い庭なので残念ながら大きなバラが植えられません。大きな庭があって男前の庭師がいたらいいなあ、笑(真由美)

Imgp4712

|

« 151号が置いてある書店 | トップページ | POの営業とプラネッツの発送 »

コメント

シュペルヴィエルの講義、楽しいし、とても勉強になりました。詩のすばらしさ、かけがいのなさのようなものが、真由美さんの純粋な思いから直接伝わってくるようなお話でした。
講義のあとのみなさんの発表された詩も、それぞれ個性的で詩の未来を感じることができましたね。明日から十二月、僕もそろそろがんばらねば!
ありがとうございます!

投稿: 尾崎まこと | 2013年11月30日 (土) 21時39分

まことさん、ありがとうです。詩は声のないものの声を聞き、隠れているものを照らし、見えないものを見つめ、なくしたものをもう一度見つける、そんな行為かもしれないと思いました。また、みんなで楽しく実作を盛り上げましょう!!

投稿: 真由美 | 2013年11月30日 (土) 22時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日から師走!:

« 151号が置いてある書店 | トップページ | POの営業とプラネッツの発送 »