« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

POの最終校正

今日は午後、祐二さんとまことさんと三人で144号の最終校正をやりました。最終校正は本人校正後の最後の仕上げです。今日は天満宮近くの「ねぼけ堂」というお菓子屋さんで買ってきた鈴カステラを食べながら・・・(たまには労をねぎらって、笑)。イリヤも2日に完成、POも仕上がって印刷に入れるばかり。2月は発送が忙しくなりそうです。・・・さて、そんなこんなの毎日ですが、ここで定番のランチの話題(笑)!今日は天神橋筋商店街の「一富士」という鉄板焼きのお店へ。牡蠣バター定食です。牡蠣って普通焼くと縮むのに、大きくてプリプリ! さすがプロやなあと感心! たいへん美味でした! ・・・あかん、今日は食べ物の話ばかり。そこで言い訳ですが、仕事は3つの力作が完成間近です。(真由美) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のフォト・コンテスト

事務所の近く、おなじみのMAGというギャラリーで春のフォト・コンテストが開かれます。応募しようと写真を探していますが、なかなかええのがないなあ。テーマはないのですが、やはり春にふさわしいのがいいのでしょうか。このコンテストは見に来てくださった方の投票というシステムになっています。でも最終的にはやはりプロの方の審査があると思いますが。応募の〆切が2月4日。まだあるから何とか探せるかな。・・・昨日は何とかリルケの講義を終えました。来て下さった方、寒い中を本当にありがとうございました。私自身、いい勉強になりました。また、誰かにチャレンジしてもいいなあ。明日からまた新しい一週間、がんばろーっと!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう大丈夫です。

ご心配をおかけしましたが、ぎっくり腰はもう大丈夫です。軽症で助かりました。くせになりやすいとか聞きましたが、いろんな人の体験をお聞きしてちょっと安心です。ただ、同じ姿勢を長時間続けないように、チョウチョみたいにフワフワ、ヒラヒラしています。(どんなんや、笑)。今日は帰りに紀伊國屋書店の梅田本店へ。装幀のことで、参考になる本を探しにいきました。詩の棚を見ると、小さくなって、本が少なくなって、ましてや棚の前に誰もいないという寂しい状況。嘆かわしいですが、お店全体は人がいっぱいで活気があります。書店はまだまだ大丈夫、というよりかえってやる気満々で元気になってきているそうです。頑張れーー(真由美)

春が待たれる季節ですね。今日のおまけは去年の梅です。

Dsc_0130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎっくり腰!

日曜日、買い物してきてそれを片づけようとした途端、アイタタタタタ・・・、突然の腰の痛み!これが世にいうぎっくり腰なのか、と思いました。幸いそれほどひどくなく、普通に仕事にも行っていますが、ネットで調べると、やはりそうなるには蓄積があるのだとか。普段から運動は全くせず、ずっと座って仕事をしているので、原因はあるのでしょうね。美和子ちゃん曰く「その年までなったことなかったんですかぁ」。はい、この年までなったことなかったんです、笑。・・・そんな昨日今日ですが、仕事は何とか進んでいます。イリヤは完成して明日印刷へ。毎日お客様で、しかも顔なじみの方ばかりなので楽しくやっています。・・・それにしても寒いですね! みなさま、風邪ひかないようにしてくださいね♪(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの雨!

昨日、今日、久しぶりの雨ですね。草木が喜んでいることでしょう! 冬とはいえ、あまりに乾燥しているので、時々は水やりをしなくちゃ、と気になっていたので助かりました。今週も終わりましたが、今週は3つの装幀をしました。それぞれ全く違ったタイプの本だったのですが、何とか2冊完成し、著者にも気に入っていただけました。ほっ! 今3冊目『脱獄たんぽぽ』にかかっています。衝撃的な小説なので、きっと話題を呼ぶことでしょう。そういえば先頃、脱獄の話がありましたね。・・・今日のお昼は天神橋筋商店街の「ゆかり」へ。とてもおいしいお好み焼きのお店です。今日は、豚ねぎ焼きを注文。ソース味と醤油味があるのですが、私は醤油味にはまっています。・・・明日は家でリルケの入力にかかろうかな。来週末は実作、何もできていないのにもう本番です、笑。みなさま、よい休日を!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリヤの校正

今日、イリヤの校正を送りました。と言ってもゲストの詩人と祐二さんに送っただけですが、笑。よろしくお願いします♪ 原稿を集めたのが10日なので早く出来ました。・・・今日は新しい詩集の原稿も入ってきてうれしい日でした。これまでの詩集とは一味違う詩集。楽しみにしていてくださ~い! それにどうやら今年は『生活語詩集』の年になりそうです。今年は「ロマン」ではなく別の命名にしようということですが、またまた全国規模で生活語による詩を繰り広げたいと思います。ぜひ今から予定に入れておいてくださいね♪・・・久しぶりにお昼ごはんの話題。今日のお昼は前にもご紹介した、商店街の「権兵衛」というトリ屋さんへ。680円の炙り焼きは逸品! しかも、脂が落ちているので身体によいかも。というわけですが、明日は何にしようかな、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリヤ制作中!

今週は出ることが多くて毎日バタバタしていました。やはり新年ですね。何かと会合が多い週でした。今日も午後「銀河詩手帖」の250号記念の会へ。和やかで暖かい、いい会でした。・・・そんな毎日ですが、合間を縫ってイリヤの制作をしています。ほぼ作品は並べ終わり、あとはレイアウト。とりあえず記念すべき10号なので、これまでのものを踏襲し、11号からあっと驚く変化を遂げる・・・というとかっこいいですが、時間がなくてなかなか考えられないのが現状です、笑。・・・明日は詩を朗読する詩人の会「風」へ。ゲストは昨年秋に詩集を出して下さった今井豊さんです。たいへん気持ちのいい詩人なので、明日も楽しみです♪みなさま、お時間があったらぜひどうぞ!(真由美)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪屋新春おでんの会へ。

今日は取次の大阪屋さんの新春おでんの会でした。毎年行かせていただいているのですが、ここから業界の仕事が本格的に動き始めるという気がします。毎年東京や全国各地からたくさんの人がこられ、今日も2000人くらいの方がおられたと思います。出版社、取次、書店、また運送会社の方も(これは今日初めて知りました。・・・そうやなあ、本が出来ても運ばんと書店や著者には届かへんなあ)。ものすごい量のおでんに焼きそば、わんこそば、たこ焼き(めっちゃ大阪的、笑)、それにおぜんざい・・・最近おぜんざいが食べたかった私は2杯もお代わりしてしまいました。反省! ダイエットは明日からがんばりましょう! (真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休!

今日から世の中は三連休。と言ってもうちは今日は出勤で明日はPOの合評会。9日はお休みですが、自宅で10日に初校を出す小説『脱獄たんぽぽ』の見直しをする予定です。そんなこんなの連休ですが、やはりどことなく何となくちょっとのんびり、かな。・・・今日は七草粥の日。私もスーパーで七草粥キットを買ってきて作ってみました。「せり なずな ごぎょう はこべら・・・」とおまじないのように唱えることは出来るのですが、見てもどれがどれなのかさっぱり。間違って雑草が入っていてもわからへんなあ。・・・と言いつつ、しっかり食べました、笑。ではでは、みなさま、よい連休をお過ごしくださ~い(真由美)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣と初荷

毎年1月5日の仕事初めには、向かいの大阪天満宮へ初詣に行っています。今日もお昼休みを兼ねてお参りに。そして、毎年おみくじを引くのですが、何とここ数年毎年凶! こんなに毎年お参りしているというのに、何でなん。と、思いますが、じっと耐え忍ぶと何とかしのげるそうです、笑。・・・初荷は河井洋さんの『麻と日本人』、取次の大阪屋さんからの注文でした。帰り間際には、紀伊國屋書店の新宿店から『夜学生』の注文が。という訳で、この二つが今年の初荷となりました。凶にめげずにがんばろー!(真由美)写真はホイアンの近くのミーソンという遺跡です。おまけ、です。

Imgp2111    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

みなさまよいお正月を過ごしておられることと思います。昨年は本当にたいへんな年でした。それ故余計に、新年の開けるのが待ち遠しかったです。今年こそどうかよい年でありますように! おおきな声で「おめでとう!」を言いたいです。今年も弟二人とともに、どうぞよろしくお願いいたします。・・・私はお正月に二泊三日でベトナムのホイアンへ行ってきました。正確に言うとあと一泊、機中泊だったのですが、ホイアンへは最寄りのダナンから車で一時間くらい。ただダナンへの直行便はなく、行きはハノイ経由、帰りはホーチミン経由でした。(ただ、この春以降、関空からのダナン行き直行便ができるそうです、残念!)・・・というわけでよく休ませていただきました。今年の目標は、3キロ減かなあ、笑。そして、誠実に、相手に感激していただけるような仕事をしていきたいです。今年もがんばろーっと!(真由美)写真はホイアンの風景です。

Imgp1845

Imgp1762   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »