« POの校正を送りました! | トップページ | 年末にかけての仕事 »

平野啓一郎くんの『葬送』

いきなり陰気な題ですが、急に読みたくなって、平野啓一郎くんの小説『葬送』の文庫本をアマゾンで4冊買ったところです。平野くんの小説を読むのはこれで3冊目。買った文庫本は全部中古ですが、中には1円のものもありました。送料のほうがずっと高いです。『葬送』はショパンを中心にドラクロアやジョルジュ・サンドなどが登場するもので二月革命の時代です。アマゾンはネットで頼むと明くる日に届いたりします。なんて便利な! 書店廻りをしながら矛盾してるなあ、と思わないでもないですが、時間のないものにとっては、ネットは大変便利です。明日届くかな? 土曜日は実作講座、今日はPOの例会と続きました。みなさまお疲れさまでした! 明日からまた一週間、今度はお仕事にがんばります! でも、楽しみながら、ねっ!(真由美)

|

« POの校正を送りました! | トップページ | 年末にかけての仕事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平野啓一郎くんの『葬送』:

« POの校正を送りました! | トップページ | 年末にかけての仕事 »