« ロマン詩選の発送 | トップページ | 関西詩人協会運営委員会 »

大阪天満宮曝書

今日は大阪天満宮の書庫の虫干しに行ってきました。大阪出版協会の年中行事のひとつです。今日、私があたったのは、貝原益軒の『養生訓』と『大和本草』。隣ではスタッフの葉月ちゃんが数式一杯の数学の本を虫干ししていました。珍しい本が見られるのも楽しみですが、天満宮が出してくれるお昼のお弁当がまた美味しい!(笑)。写真は葉月ちゃんが撮ってくれたものです。本はそれぞれまとまって箱に入っています。それを出して一枚一枚めくっていき風に当てます。ちなみに、手前から三人目、法被を着て熱心に(!?)作業をしているのが私です。ほんまは事務所の片づけをせなあかんのですが、余裕です、笑。(真由美)

20101015110214

|

« ロマン詩選の発送 | トップページ | 関西詩人協会運営委員会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪天満宮曝書:

« ロマン詩選の発送 | トップページ | 関西詩人協会運営委員会 »