« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

コスモスの秋

秋の花、コスモスが好きな方も多いと思います。今日仕事の合間に近くでコスモスを撮影しました。いろいろ波瀾万丈ありつつも、一週間がおわり、あれこれうまく解決してほっと一息です。みなさまも目を休めてくださいね! 明日は宿題たっぷりの日曜日です。でも、ちょっとガーデニングのお店に遊びに行くかも? みなさまもどうかよいお休みを過ごしてくださいね。(真由美)Imgp4039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリヤの批評が「詩と思想」に!

何と「詩と思想」に一頁以上費やして、イリヤの評が載りました! びっくり! しかも三人ともの作品に触れ、引用して述べてくださっていました。これは快挙! ぜひ次号へと続けねばと思います。次号の締切は11月末。ちょうどPOの締切と重なっていますから、どちらも頑張らねば、汗。

仕事は関西詩人協会の英訳詩集「言葉の花火Ⅳ」、PO135号が来月初めに印刷会社へ。今は最後の大詰めといったところです。また、今週は申請申請の一週間でした。新しい仕事の関係で、岩波書店や東大出版会へ転載の許可願い、別件で夜回り先生こと水谷修さんの写真の掲載許可をカメラマンの方に、読売新聞の使用許可など。で、何とか終わってほっと一息♪というところです。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関のふくろうさん♪

うちの家には以前からふくろうさんがいくつかありましたが、最近「ほっほう!ほっほう!」と鳴くふくろうさんがやってきました。一番右端のリアルなふくろうさんです。人が通ると反応して首を振り鳴きます。でも玄関なので、朝ぼうっとして新聞を取りにいくとき、仕事から疲れて帰ってきたとき、扉を開けるといきなり「ほっほう!」攻撃! びっくりしぃの私は飛び上がって驚いています。このふくろうさん、先週の土曜日に知り合いのお医者様(花粉症の本の著者でもあります)の開業40周年記念会に出席したときにいただいたもの。でも、時々前を通っても無視することがあります。そんなときはちょっと悔しい、笑。

仕事は関西詩人協会の英訳詩集が大詰めです。表紙もほぼ完成。仕上げ目指して頑張っています。Imgp3924

写真はうちの玄関です。ふくろうさんたちがみんなでお出迎え! いらっしゃいませ~。(真由美)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月の詩アップしました

尾崎まことの「マーブルビーチの永遠」です。

マーブルビーチは関西空港の対岸にあって、人工的に作られた美しい海岸です。大阪近郊にお住まいの方はカメラか恋人を連れて訪れてください。特に夕暮れから夜にかけて、刻々と変化する渚は、絶景そのものです。

次々とジェット機は発着しますし、ライトアップされた大観覧車は音もなくゆっくり回転してますし、美しすぎる海岸は人工ということもあって、何か終末論的な風景です。

640dsc_0586_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭仕事で一休み♪

Imgp3930

今日は宿題のない日曜日。久しぶりに庭仕事です。チューリップを植えたり、ヒヤシンスの水栽培をしたり。チューリップは今年もピンクのフリフリです、笑。他に薔薇も買ってきました。「オレンジマザーズディ」という名前の薔薇。名札に非常に強い、と書いてあったのでこれなら育てられるかな、と思ったわけです。写真はそのオレンジちゃんです。大切に育てねば・・・。大きく育ってくれることを楽しみに明日からまた頑張ります!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・アドリアナの航海日誌…オープン!!

写真が大きいまま掲載できる利点があるグーのブログで、アドリアナさんが新居を構えました。ますます、「びじゅある」です。大好評の新詩集『あんびじぶる』もいずれ公開されるかも…。

「新アドリアナの航海日誌」…お気に入りに登録してください。

以前の「アドリアナの航海日誌」は別荘としてありますので、気ままに訪問してくださいね。(尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書新聞のエッセイ

毎年この時期、図書新聞の特集にエッセイを書かせていただいています。全集や撰集、シリーズ本などについてのエッセイですが、今年は「復刻袖珍本のシリーズ」という題で、まことさんが書いてくれました。これはまだ出来立てのシリーズ。杉山平一先生の『夜学生』を出させていただいただけですが、これから過去の名詩集をコンパクトで美しいシリーズとして残していきたいものです。今日のお昼はあまりにいいお天気のため、天満宮の境内を散歩しました。境内にはお昼休みのサラリーマンがいっぱい。今日のお昼は軽くパスタでも、と思ってトーコーシティホテルへ行ったのですが、結局おすすめ定食(焼き肉)を食べてしまいました、笑。なかなか初志貫徹できません。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪天満宮の曝書

Img_1933 今日は大阪天満宮の御文庫の曝書(虫干し)に行ってきました。大阪出版協会の毎年の行事で、一年に一度10月のよい気候の時に書庫の本を虫干ししています。今年は絶好の虫干し日和! 本もきっと久しぶりに見る日の光に喜んでいたことと思います。たくさんの本なので、約10年に一度くらいの割りです。今年は、江戸時代、明治時代の和書でした、頼山陽の詩書や新井白石の本、枕草子や土佐日記の書写本など。中で珍しかったのは歴史の本。西洋諸国系統略図というのがあって、何とアダムから始まっていてびっくり! 虫干しには、今年も葉月ちゃんが一緒に参加してくれました。お疲れさまでした♪(真由美)Img_1936 Img_1939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石上露子没後50年記念講演会へ。

Imgp3871 行ってきました。昨日に続いて、近鉄南大阪線です。富田林西口駅を降りてすぐの市立公会堂であったのですが、何と200名ほどの大入り満員。(途中まで数えましたが、わからなくなってやめました、笑。)露子の人気もすごいですね! 第三部、露子の実像を語る鼎談では、他では聞けない話が聞けて、なかなか面白かったです。終わったあと、すぐ近くに寺内町があり、露子の家で文化財に指定されている杉山家があるので見学してきました。写真は、鼎談の模様と杉山家の室内です。美貌と才知、そして冨と悲恋。材料が揃っているなあ。何もないなあ、と我が身を振り返る今日でした、笑。明日からまた地道に頑張りましょう!(真由美)

Imgp3874 Imgp3903

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三連休ですね。

今日は三連休の一日目。でも特に変わったこともなく事務所で仕事でした。今日はお手紙書きや装幀の仕事。今は、まことさんの童話集『千年夢見る木』の装幀をしています。11月発行の予定ですが、できるかな? 明日は私は河内松原のお客様のお家に行ってきます。ひかり工房の喜田さんと一緒です。明後日は石上露子の没後50年記念講演会へ。これも富田林であるので、二日間近鉄に乗ることになりました。どうも最近南大阪に縁があるようです。近場ですけど、楽しい旅をしてきます。みなさまもどうかよいお休みをお過ごしくださいね!今日は真面目やったなあ、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風接近中!

  夜になって結構激しい雨、風。明日の朝には通過するようですが、みなさまどうかご用心ください。今日は出版協会の例会で厚生年金会館へ行ってきました。例会は月一回で、ほとんどが厚生年金会館、あとは新阪急ホテルとホテルグランビアなどですが、厚生年金会館は来年春で閉館されるそうです。で、今日は厚生年金会館で行われる最後の例会でした。何度もいただいたお昼のお弁当ですが、なかなか美味しいので残念です。11月は京都大阪合同例会で、今年は京都。桜鶴楼というところだそうです。わたしはほんの末席なのですが、例会でいろいろな会場へ出向いていけるのが楽しみ、そしてお食事が一番の楽しみ(あかん、本音が出てしまう、笑)。などとあほなことを書いていないで、もうやすみます。おやすみなさい♪(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PO例会

今日はPOの例会(合評会)がありました。全部で12名の参加。かなりの出席率でした。私は今日は書記なので、3時間ひたすら記録をしていましたが、ノートに8頁。でも、でも・・・理解できてないところ、聞き取れてないところがいっぱい、・・・汗。祐二さん、まことさん、京子ちゃんも助けてね! 例会は1時からだったのですが、その前に朝10時から編集会議。連チャンとなるとちょっと疲れますね。みなさん、お疲れさまでした♪ 大変有意義でいい時間だったように思います。これをエネルギーにして、また明日からがんばろーっと。今日のお昼はトーコーシティホテルで懐かしのパスタ、ナポリタン。なかなか美味しかった!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっという間に週末!

今週もあっという間に終わりそうです。ここ数日ずっと詩集『青海』の装幀にかかりっきりでした。何枚絵を描いたことでしょう。それに装幀も限りなく作ってみました。「青海」というのは、新潟県の地名で「あおみ」と読むそうです。この音の響きが面白く、ローマ字で大きく入れてみました。今日何とか完成(!?)。気に入っていただけるかな。『露子』は早くもなくなりそうな予感。まだ営業もしてないのに、新聞のせいかな。今日はお昼は葉月ちゃんとおうどんの得得へ。上品に冷しきつねうどん、としたのですが、実は1・5玉です、笑。

 また、おまけ・・・パリのモンパルナスにある有名なカフェ「ロトンド」です。第一次世界大戦後のパリ、モンパルナス。 カフェ"ロトンド"には新しい芸術を生み出そうとするエネルギーが溢れ、画家、小説家、詩人そして女たちが毎夜集まり、酒を飲み煙草をくゆらせ議論をたたかわせていたそうです。パブロ・ピカソ、ディエゴ・リベラ、ガートルード・スタイン、ジャン・コクトー、ハイム・スーチン、モーリス・ユトリロ、モイーズ・キスリング・・・そしてアメデオ・モディリアーニ、モンパルナスのキキ。それから藤田嗣治も。Imgp2900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »