« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

昨日はお疲れさまでした♪

Imgp3822_2 昨日、関西詩人協会15周年記念のイベント「詩の未来」が行われましたが、おかげさまで大盛会となりました。参加者64名、もう少しで総会に近い数字です。有馬さんの講演、平島さんのギター演奏、力の籠もった8名の朗読。参加されたみなさまお疲れさまでした♪ 何度も何度も会議を重ねて準備してきた、まことさん初めスタッフのみなさん、大成功で良かったですね! 私は会場に早くつき過ぎたので会館前の萩の花を撮影しておりました。白萩、清楚で華やかな佇まいでした。(真由美) Imgp3830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌集『まほろば』の出版記念会

今日の夜は歌集『まほろば』の出版記念会があり、谷九の「たかつガーデン」へ行っていました。「みちの会」という退職された大阪府元校長先生の会があり、そこの主催です。私は版元として出席させていただいたのですが、何と出版記念会の前にあった講演会で、その日同時に出版されたもう一人の先生が、『あんびじぶる』の紹介と解説をしてくださったそうです。まさか、そんなことになっているとは! これはまったく聞いてなかったのでびっくり! ひかり工房の喜田社長が渡してくれていたそうです。そういえばできたばかりの本にサインを書かされたなあ。でもすっかり忘れていました。うれしいドッキリでした♪ 最後にスピーチをさせられて(これも予期せぬできごと)喜田さんと私はビューティペアで、大阪から文化を発信しようと頑張っています、とお話しました。あたたかい雰囲気のたのしい会でした。明日はいよいよ「詩のイベント」がんばろーっと。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『石上露子百歌』が読売新聞に!

今朝の読売新聞に『石上露子百歌』が大きく取り上げられました! 『黄色い傘の中で』に続く快挙です。露子は知る人ぞ知る、悲恋の歌人。美しい容貌に惹かれて関心を持つひとも多いようです。まだ書店に並んでもいませんし、ようやく流通に送ったばかりですが、今後の反響が楽しみです。事務所は露子の発送や英訳詩集の初校出し、イベントの準備もからんでバタバタしています。でも、こんな時こそ、忘れた頃に、また登場するおまけ(笑)。噴水でたわむれている恋人たち、それから芸術橋(Pont des Arts)です。Imgp3678 Imgp3656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント打ち合わせ♪

Imgp3801 今日は27日のイベントの打ち合わせで清水へ行きました。関西詩人協会15周年記念のイベントです。イベントの委員さんたちは何度も打ち合わせを重ねてこられたのですが、私はほんのお手伝いで、今回2回目の参加です。建物の前に萩の花がきれいに咲いていました。ちょうど萩の季節・・・私はこの控えめな花が好きです。(自分に似ているので、・・・大笑い!)打ち合わせはとても楽しく、27日当日もきっといい会になることと思われました。写真は萩の花と、会場の「ホテルグラン清水」の前に止まっていた人力車です。このあたりはよく人力車が走っています。さすがの観光地! というわけで今日はいいお休みを過ごしました。(真由美)Imgp3813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は出勤。

今日は連休の真っ只中ですがいろいろあって出勤しました。さすがに同じフロアーはどこも電気が消えていてひっそり。美和子ちゃんとまことさんと三人だったのですが、何と電話が鳴ること、鳴ること! ええっ! なんでやねん! ・・・何とそれは、どれもみんな『黄色い傘の中で』の注文でした。どうやらまた、産経の同じ記事が別の地域で載ったらしいです。それにしても、今日は普通は出版社は休みやねんけどなあ、笑。でも、みんな発送してきました。同書はあと数冊を残すばかりとなりうれしい悲鳴。今日のお昼は天神橋筋商店街の「ゆかり」で焼きそばと豚肉入りのねぎ焼き。頑張ったのでおまけに赤だし付きでした、笑。!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事帰りの夕焼け♪

Img_1927 今日は6時ごろ事務所を出たのですが、ビルの外に出たとたんに、こんな夕焼け♪ 思わずポケットカメラで写真を撮ってしまいました。これから夕陽がきれいになりますね。とても楽しみです! 

 今日はスタッフみんな揃っていました。関西詩人協会の英訳詩集、連休開けに校正を出さないといけないので、版作りにかかりました。

 その他大変複雑な仕事が2つ。連休開けにこれも校正出しになりそうです。ですので、月曜日は多分営業です、笑。(真由美)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い傘の中で、がブレイク!

山下俊子詩集『黄色い傘の中で―ホームヘルパーの日々』が昨日産経新聞に大きく取り上げられました。昨日は朝出勤途上から電話が鳴りはじめ、結構一日かかりきりでした。今日は少し落ちつきましたが、やはり新聞の力は大きいですね。ほとんど在庫がなくなり、あと数冊を残すのみです。山下さん、本当に良かったですね! あの詩集を読んで誰かが元気になってくれたら本当にうれしいことです。詩もきっと喜ぶでしょう! そんなこんなで今日はバタバタしておりました。お昼はスタッフの葉月ちゃんと韓国焼き肉のお店で、ビビンバと韓国風冷麺のセットでした。ちょっと食べ過ぎ、かも? 笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラウル・デュフィ展

Img_1923 今日は京都駅ビルの画廊「えき」でやっているラウル・デュフィ展を見に行ってきました。チケットのただ券をいただいていたからですが、仕事もすこし手が空いて気分的に余裕があったことにもよります。自由な色彩、軽快なタッチ、躍動美、まるで音楽が聞こえてくるような楽しい絵ばかりでした。マチスに感化を受けたようですね。装飾関係の仕事もしていたようで、デザインの勉強にもなりました。今日はまた帰ってからクッキーを焼いたりしました。何年ぶりかなあ。本当は大好きなのですが、あまり夢中にならないようにしています。今日は紅茶の葉っぱとナッツ、クランベリー入りのクッキーでした。お味はどうかな、って? はい、まあまあ、でした(笑)。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

印刷の立ち会い

『石上露子百歌』が最終で、今日印刷会社にカバーの印刷の立ち会いに行ってきました。最終まで何度も見本を見ていますが、本番のインクの乗せ方でまた変わってしまいます。色は本当に微妙です。でも、今日は最初の刷りで合格! あとは出来上がりを待つばかり。きっと美しい本が出きることと思います。明日は丸山栄さんの小さなかわいい詩集『憲法九条に護られて』(タイトルおよび中身はかなりの骨太です)を入稿の予定。次々と出来上がっていきます。並行して毎日関西詩人協会の会報を作っています。これも何とか今週中には仕上がるでしょう。ふう! 今日のお昼は新しく開拓したお店で「長崎チャンポン」でした。野菜たっぷり! 豪華なお昼でした、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本ゼミナール打ち上げ終了

今日は、西日本ゼミナール打ち上げの日でした。京都清水の「ホテルグラン清水」にて行いましたが、真夏のような暑さのなか、スタッフ11人が集合。しばしゼミナールを反芻しながらおいしいお料理で歓談しました。いい仲間やなあ! と思うことしきり。仕事ができ、しかも穏やかな人たち。このメンバーならまたいろんなことが出来るでしょう。その基礎ができたような気がしました。参加されたみなさま、お疲れさまでした♪

 話は変わりますが、島秀生さんが『あんびじぶる』をご自身のホームページで紹介してくださいました。ありがとうございました。お時間のある方は下のところですので、ぜひどうぞ。島さんは、『ネットの中の詩人たち』というシリーズを出しておられ、若い詩人たちのバックアップに力を注いでおられる方です。

http://www.poem-mydear.com

そして、またおまけです、笑。ボルドーの教会、とパリのショーウィンドウです。(真由美)Imgp3404 Imgp3477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとひと息♪

今日はある程度仕事が片づいてちょっとひと息、といった感じでした。心配ごとのない日はあまりないのですが、今日はないかも。たんに忘れているだけかもしれませんが・・・、笑。イリヤ君を着せ変えました。まだよくわかっていないので、あまり服を買ってやれません。男の子なので、シンプルでかっこいいイリヤ君にしたいのですが・・。しつこいようですが(笑)また、おまけの写真(ボルドーの橋)です。Imgp3017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネッツ送りました。

お休み開けの仕事はやはりなかなかハードです。今日は石上露子百歌を仕上げて印刷会社に入れ、プラネッツを会員さん他に送り、英語教育の波能先生の初校をほぼ完成させ、丸山さんの詩集の初校の訂正をし・・・といっても今日はスタッフが全員揃っていたので、みんなでやりました。電車の中では新しい仕事の原稿を読んでいます。歴史教育の本です。これはまた楽しみ! というわけでバタバタと過ごしておりますが、いつも思うこと。いつか必ずできる! と、 自分に言い聞かせております、笑。写真はおまけ、です。(真由美)Imgp3045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピラ砂丘

Imgp3308 ボルドーから電車で1時間ほどのところにアルカッションというリゾート地があります。海辺で季節には牡蠣がおいしいそうです。そこからまたバスで30分ほど行ったところにピラ砂丘というヨーロッパ最大の砂丘があります。(鳥取砂丘とどっちが大きいねん、と言われてもよくわかりませんが、笑。)かなり高さがあるので一生懸命のぼりました。やっと辿り着いたら片方は海、中州をはさんで大西洋、片方は見渡す限りの松林。ちょっと背筋が寒くなるような大自然でした。写真は松林側と海側。最後は砂丘にのぼるための階段です。高級リゾート地ではなく、庶民が休日を楽しむ場所といった感じで、家族連れでいっぱいでした。降りるのも一苦労。ころがったほうがいい、という話もありましたが・・・、笑。(真由美)

Imgp3312Imgp3283 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »