« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

『日本名庭園紀行』が図書館協会選定図書に!

『日本名庭園紀行』が日本図書館協会の選定図書になりました。同時に「図書新聞」の書評欄に紹介が。やったぁ! これは久々の大ヒット! 図書館で売れるかも? と思いきや、残念ながら残部があまりないのです、笑。うまくいかないものですね。でも、30年に渡って全国のお庭を歩いた著者の努力が報われた気がします。 本当に良かった! 今日のお昼は葉月ちゃんとmani mani (マニマニ)で昼食のバイキングを。でもちょっと量を控えました、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真由美さんの今月の詩、「詩人」をアップしました♪

――あなたという光なしでは

   この絵は永遠に
   仕上がらなかったにちがいない

…光にたとえられる「あなた」が誰だなんて、人によって答えは違うでしょう。
見つかったり見失ったり、一生を通して探していたり、感じていくものでしょう。
けれど、あなたなしには仕上がってゆかない存在というものは、この「わたし」であることはもちろん、
今朝の花一輪だって、そうかも知れませんね。

長居公園で撮ってきたばかりの蓮の写真です。
花のことを思うと光のことを思います。

640tubomikaika

真夏のような暑さでした。
(尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事が一段落。

今日は『失敗しない婚活』という本を印刷に入れ一段落しました。先週から有馬さんの詩集『古都新生』、ショートショートの文庫本『エキストラ人生』、と2冊続けて印刷会社に入れたところです。これでまもなく3冊の本が仕上がります。新しい仕事との合間でちょっと一休み。心配ごとのない日というのはめったにありませんが、いいですねぇ!まわりが違って見えて新鮮です。いよいよ『あんびじぶる』も仕上げかな、笑。明日は一日仕上げにかかれそうです。ところで、少し前に『愛の手帖』のことをこの日記に書いた直後、数冊の注文がありました。今日またすみくらさんの『心薫る女(ひと)』が2冊注文。これはもしかしてこのブログと関係があるのかな? ないやろうなあ・・・にゃお!(真由美)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第401回風の会

今日は、天王寺で風の会がありました。今日のゲストはすみくらまりこさん。「ぽえむ・りさいたる」と称して、ファドをバックに朗読をしてくださいました。ファドととってもよく合っていて、どちらかといえば知的でクールな朗読のバックに、哀しげなメロディ・・・重層的でgoodでした! 朗読が終わったあとにまたまた素敵なおまけが!  合わせ鏡の筒の中に入れられた蝋燭に点火すると、いくつもいくつもの炎が・・・。それを背景にして「無限―infinity」という詩を読んで下さいました。下手な写真ですが、添えておきますね。今日初めて参加した、という方が3人もおられてうれしかったです! 020 (真由美)

無限―infinity

二つの鏡(こころ)が

正対すれば

小さな灯(ことば)も

無限に続く

愛の万灯火(まとび)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運営委員会

Img_1731

今日は午後から関西詩人協会の運営委員会でした。2回目のエル大阪です。最初にエル大阪に行ったのは2月の寒い日。協会賞の問題の決戦の日でした。あれから4カ月、今日は初夏のような陽差しのなかでしたが、川も川の上で仕事をしている人もちっとも変わっていません。歩いて橋の上を渡りながら、感慨深いものがありました。明日は風の会、ゲストはすみくらまりこさんです。まりこさん、どうぞよろしくお願いします。写真は大川で仕事をしている人です。(真由美)Img_1730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩画展の搬入

今日は詩画展の搬入の日でした。いつものように場所は大阪市立中央図書館です。確か去年とかおととしとか雨だったような気がしますが、今日は真夏のような日ざし! でも、久しぶりにいろいろな方とお会いしておしゃべりし、楽しいひとときを過ごしました。おっと! 勤務時間中やった、笑。写真は、会場の設営風景です。Img_1726 (真由美)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発信の場

今日は暑い一日でした。関西詩人協会の会報の校正を送り、詩集の初校を送り、しているうちにうれしいことに大阪屋から注文の品が! そんなこんなで送って送って、の一日でした。要するに出版社とは「発信」の場、なのですね。今月のヤマトさんへの支払いは過去最高(自信がないけど、多分・・・)かも。今日のお昼は、天神橋筋商店街の「ゆかり」で焼きそばとネギ焼きでした。ネギ焼き、醤油味、最近はまっています! 写真は今日ではなく土曜日の夕陽、長居公園で撮ったものです。おまけ、です。Imgp2611_2  (真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会に行ってきました。

Imgp2549

私はよくわかっていなかったのですが、今日の同窓会は総会でした。まず入ってびっくり! かなりの年配のおじさまばっかり! (そういう私もかなりの年配のおばさま、なのですが、まだまだおよびません)それもそのはず、今日は同窓会総会、つまり役員会のようなものでした。ただ、私の年代46年卒業生だけは無料でご招待だったのです。昔は汚い汚い学舎だったのですが、それなりに今どきの大学になり、大きな道路を挟んで美しい並木が並んでいました。でも、昔のままのメタセコイアの林もありました! 最後に歌を歌ったのですが、その中に「桜花爛漫」という逍遥歌があり、体育会系だった私は当時よく歌っていたので、大変大変懐かしかったです! 写真は時計台(昭和8年に建設)と、並木道を歩いている現役の学生さんです。「桜花爛漫」の歌詞です。Imgp2573

 一 桜花爛漫月朧ろ

   胡蝶の舞をしたいつつ

   人や南柯に迷う時

   雄飛の壮図を胸にして

   天に翔くる城南の

   健児の意気を君見ずや

二  天地静かに夜更けて

   烏丘永遠に眠る時

   古き歴史の跡訪わば

   ユーカリに風蕭々と

   霞める月にうそぶきつ

   常勝の名を誇るかな

三 流転世々の夢の跡

  栄枯の嵐絶えずして

  その狂瀾に人泣けど

  千古変わらぬ友の情

  悲喜艱楽を共にして

  烏丘に集う我が健児

書くだけで大変でしたが、三番の歌詞なんて好きですねぇ!(真由美)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間

今日は明るくていいお天気でしたね! 今週も慌ただしく過ぎてもう週末です。今週はいろんな方がいらっしゃって賑やかな事務所でした。新しい動きが始まる予感。私は物事を切り開くというより、どちらかというと波に揺られて乗っているほうです、笑。ですのであまり焦りません。明日は朝お客様、午後は初めての大学の同窓会です。同窓会デビューや! と一人喜んでいます。会場は大学内。でも、大学のキャンパスを歩くと思うだけで胸が震えます。みなさまもどうかよい週末を!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本ゼミナールのご案内を発送しました!

今日は西日本ゼミナールのご案内を発送しました。全部で800通あまり。竹林館のあるビルの会議室に、関西詩人協会の美女(!?)6人とダンディな井上さんの合計7名が集合して作業をしましたが、ひたすら頑張って2時間半かかりました。でも楽しかったですよ! 単純作業でやった感があるのはいいですね。早ければ明日みなさまへ届きます。参加のお葉書、ぜひ早めに出してくださいませ~。明日は朝お客様、午後はずっと出版協会の会合です。夜は関西詩人協会の会報作成中です。ふう!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の詩「空の駅」

今月の詩として尾崎の「空の駅」をアップしました。650soranoeki1

最近、空ばかり見上げています。

明日へ続く線路が走っているわけでもなし、

改札口があるわけでもないし、

忘れ物を預かってもらっている駅長室があるわけでもないし…、

でも、きれいですよ。

写真は先日の日曜日、関空の一つ手前の駅でおりたところにあるマーブルビーチで撮っ

たものです。

地平線のところが関西空港です。文字通り、空の駅ですね。

  

                          (尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

132号、プラネッツ発送

先週くらいから発送がつづいています。今日の竹林館はオールスターキャスト、4名全員集合で、132号追加寄贈先、プラネッツの発送にかかりました。早いのなんのって!  あっという間に出来上がり~。まもなくみなさまのお手許に届くと思います。お楽しみに!  (真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕陽

通勤電車でちょうど帰るころ、最近とてもきれいな夕陽が見られます。そのオレンジいろの光、路上に絨毯のように敷かれていたり、窓ガラスにヴェールをかけていたり、川面を輝かせたり、そして道ゆく人の額にも・・・。帰りに電車の窓ごしに撮った夕陽です。結構混んでいる時間なのでかなり勇気が要ります、笑。まわりはきっと変なおばさん、と思っていたでしょうね。仕事帰りの 疲れをとってくれた夕陽にありがとう!です。(真由美)Img_1718

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »