« 第335回詩の実作講座 | トップページ | 連休ですね! »

当麻寺

400karaedited2

29日は当麻寺へ牡丹を撮ろうと思い立ち、出かけましたが、満開のピークはとっくに過ぎ去っていました。でも、古寺の雰囲気にひたることのできた一日でした。牡丹のいいショットは撮れなかったですが、これは帰りのプラットホームで、シャッターボタンを偶然押してしまってできた傾いたカットです。

 

  「時」

時は川の流れなどに喩えられ

それはひたすら

過ぎ去っていくものだ

と子供の頃から教えられてきた

しかしやがて

愛(いと)しいものが横に来て

重ねた手のその温かさのために

人は気がついてしまうのだ

時は

この世の始めから終わりまで

まるで動かないでいて

過ぎ去るものは

むしろ私たちであると

一切であると

だから君を愛するのだと

 

              (尾崎記)

|

« 第335回詩の実作講座 | トップページ | 連休ですね! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当麻寺:

« 第335回詩の実作講座 | トップページ | 連休ですね! »