« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

1年間、ありがとうございました

1年間、イリヤをお読みいただき、ありがとうございました。

詩について、いろいろ考えるきっかけを得ることのできた1年でした。来年は、私らしい表現を追求しつつ、私らしくない表現にも挑んで、表現を深め、広げていきたいと思っています。でも、奇をてらった表現に走らないように、力まず、まずは、ものをよく視て、考えるようと思います。 (祐二)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よいお年を♪

仕事納めの29日、関中子さんの詩集『しじみ蝶のいる日々』が印刷会社からできあがって来ました。編集の過程で何度も読ませていただきましたが、「詩を書き続けていくことと、生きていくこと」の覚悟みたいなものを教えていただきました。それはどんな覚悟ですか?…ときかれてもこまるのですが、詩人として名をあげるとかという力んだことではなくて、たとえば花なら花を咲かせるとか、赤とんぼならその花にとまるとかとても慎ましい ことです。

…と、いうことでちょっと無理があるのですが、季節はずれですが、蓮の花と赤トンボ?の写真を今年最後の僕の写真としてアップさせていただきますね。来年は早々に広角レンズを買って、写真詩というジャンルに挑戦するつもりです。

今年一年ありがとうございました。来年もますますよいお年でありますよう、お祈り申し上げます。(尾崎記)

Dscf0335_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もいろいろありがとうございました。

今年もイリヤを見て下さってありがとうございました。カウンタのアップが早いので、焦った一年間でした。今日は仕事納め、お昼は訪ねてきて下さったパピヨンさんと一緒にお食事とミニ散歩、楽しいひとときでした! 午後には念願のブラインドの拭き掃除も出来て(半分ほど、笑)ちょっとすっきりした事務所でした。来年新しい新聞記事を貼るために、ボードにぎっしり並べていた記事もファイルし、最後にゴッホのカレンダーをかけて出来上がり! 夕方訪ねてきて下さった祐二さんとまことさんと三人でミニ会議。来年早々から忙しくなりそうです。来年もみなさまぜひ遊びにきてください。ますます元気なイリヤでいたいと思っています。乞ご期待!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もあと少しですね!

いよいよ押し詰まってきました。私はまだ月曜日まで仕事ですが、なかなか最後まで慌ただしいです。今日は著者への印税の支払いや、葉書での通知、契約書や請求書や見積もりなどの書類作りで終わりました。29日までですが、29日は大掃除できるかな? 来年早々からいくつかの新しい仕事にかかります。その束の間のお正月休み、原稿書きに使いたいですが、どれだけできるかな? まぼろしの詩集『あんびじぶる』にもかかりたいな! などと言いながら、今日は夕方から仕事の休憩にTV5を見ていました。日本語字幕付きです。ルイ17世の心臓の話でした。フランス革命の時に10歳で塔の中に閉じ込められて病死したルイ17世の心臓は解剖した医師によって持ち去られ、その後さまざまな人の手に渡ったのですが、最近になってDNA鑑定で確かにマリー・アントワネットの息子のものだとわかったそうです。・・・そんなこんなで仕事の一休み、でした!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中之島ルミナリエ

尾崎さんが阿倍野なら負けずにわたしは「中之島ルミナリエ」? をみなさんへプレゼントです。最近のカメラは三脚なしでここまで撮れます♪(真由美)_dsf4163_094_edited11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿倍野橋・フープのルミナリエ

昨日の夜は六時より阿部野橋で、水口洋治さんが講師で月に一度の 「詩の実作講座」がありました。真由美さんも祐二さんも僕も参加し活発に発言しました。八時ごろ、みんなと別れたあと、昨日の真由美さんに負けないように、フープのルミナリエを撮影しました。写真はグッチのウインドウに映り込んだクリスマスツリーや電飾や人々です。若い人が多くて阿倍野界隈では垢抜けた場所にもかかわらず、三丁目の夕日の「昭和」が写ってしまいます。

        1            (尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の中之島

先日、写真を撮りに行ってきました。まだまだカメラの使い方もよくわかっていないのですが・・・、とりあえず、去年は全部ブレテいましたが、今年は大丈夫なのもありました、笑。夜は別世界ですね! イルミネーションの美しさに寒さも空腹も忘れて夢中になってしまいました。冬もまたいいものですね!(真由美)Imgp1159 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポルトガル料理

今日は会社の忘年会でした。といっても4人でランチです。でも、ワインも一杯だけ頂いてほんのりいい気分、楽しいひとときでした。ポルトガル料理は、結構ボリュームがあって、素材の良さを生かした素朴な味。何といってもデザートが美味しかったなあ・・・4人でまわし飲みならぬまわし食べ(笑)、お昼からお腹一杯で苦しかったですけど、帰ったらまた仕事。一応今日の予定は終了することができて、一安心です。それにしてもうちのスタッフ、よく食べ、よく仕事をし、健康そのものです。今年も本当に助けてもらいました。感謝!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャック・プレヴェールの翻訳

心境の変化で初心に戻りジャック・プレヴェールの詩の翻訳を始めました。といってもいつまで続くかな? POができたころに翻訳をしていたのですが、怖いもの知らずで、辞書をひきひきやっていました。それから○十年たって、やっぱり進歩してないなあ、と感じつつも、自分の詩の寄るべきところは、やはりここだったかもしれないと思っています。権力にはnonと言い、愛するものにはouiと言う、第二次大戦直後のフランスで発行され、数週間で15万部を突破したという詩集。学生たちの聖書だった「パロール」という詩集は、いまのわたしにも聖書かも? といいつつやっぱりいつまで続くかな、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西詩人協会会報

今日は一日関西詩人協会の会報の仕上げをしていました。記事がいっぱいでもう溢れそうです。それだけ活動しているということですね。これが終わると原稿にかかれるかな、笑。いつも言い訳ばかりしています。来週はPOの忘年会もあります。これを読まれた方でまだ申し込んでいらっしゃらない会員さん、会員さんのおともだち、何でもない方・・ぜひご参加くださいね。一年の疲れを吹き飛ばす楽しい会にしましょう! (真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかな年末・・・

今日も比較的暖かな一日でしたね! 仕事は谷間で一段落、事務所ではいつも後回しにされる経理をようやく始めました。今月はこれから新刊が4つ出ます。月に4冊はなかなかしんどかったです。来週は職場の忘年会。といっても主婦が多いのでお昼間ですが、アメリカ領事館近くのポルトガル料理のお店です。美味しかったらまた報告しますね! さあ、今年最終へ向けて頑張ろうーっと。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はいいお休みでした。

今日は一日久しぶりにのんびりと過ごしました。最近圧力なべを使う料理に凝っているのですが、今夜は豚の角煮を作ってみました。ようやく使いこなせるようになったかな。でも、豚の角煮は共食いかも・・・笑。今年のまとめをする時期になりました。明日からまた頑張りましょう! 今夜は冬の月が煌々と冴え渡った空に輝いています。冬もまたいいものですね。空気が澄んで、普段見えないものが見えてくるような気がします。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会の季節

忘年会の季節ですね。私はまず3日に第一回目の忘年会がありました。出版協会の忘年会、今年は天満宮の近くの相生楼でした。川端康成の生誕の地だそうです。少々調子にのって飲み過ぎてしまいましたが、笑。今年中に仕上げなければいけない書籍があと2冊。なかなか最後まで気を抜けませんが、来週になるとちょっと楽になるかな? イリヤの原稿、POの原稿(これはここだけの秘密です、笑)頑張らねば、汗・・・。何はともあれ、仕事帰りの並木道、最後の紅葉が美しいです!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

For a Beautiful Planet

12月ですね!今年もあとわずか、今年は何冊の本を作ったかな? 上記は英語によるアンソロジーです。中にドイツ語の方もお一人。ロマン詩選でバタバタしていて、なかなか取りかかれなかったのですが、ようやく今日校正をお出しして、一段落です。新川和江さん、高良留美子さんなどもご参加。英語ですが、わりとわかりました、笑。環境破壊や反戦をテーマとし、地球の美しさを守ろうという趣旨のアンソロジーです。でもそんなにたいそうなものばかりでなく、小さな花や鳥を謳った愛らしい作品もあります。乞ご期待! (真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »