« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

明日から10月

雨ばかりの九月も今日で終わり、明日から10月がスタートですね。今日は午後、関西詩人協会の詩画展の搬入で大阪市立中央図書館へ行ってきました。搬入の日は去年も雨でしたが、今年も雨。まああまりひどくなかったので無事に持って行けました。色、形、表現方法、さまざまな詩画の饗宴。力作が揃っています。でも、わたしはおまけ、です、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩の実作講座

今夜は詩の実作講座でした。毎月一回第四土曜日に阿倍野ベルタの市民学習センターでやっていますが、今日は若い男性の参加者がありました。祐二さんの詩集を図書館で読んで、竹林館のホームページから情報を探してきて下さったそうです。若い人たちとの接点がなかなか持てないので、うれしかったです。部屋いっぱいになっていた『身の闇』の発送も終わりました。来週からはいよいよ新しい原稿に着手します。明日はPO130号の合評会。今月は休日なしのノンストップで頑張りました。とはいえ、詩の集まりに参加できるのは、大変幸せなことです。いろいろな面で余裕がなければできないことですね。生活することに必死だった時代を思い出して、時々ふと思います。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『身の闇』到着

今日、新詩集『身の闇』500部が事務所に到着しました。一冊が約300頁あり、ハードカバーなのですごいボリュームです。朝から倉庫の片づけをして納品を待ち、入れたら部屋いっぱいになってしまいました。休み明けからぼつぼつ発送です。昨日の風の会はおかげさまで盛会でした。いつも風の会では世話人として参加していますが、ゲストになるとまた違ってみえますね。昨日は雨時々雷。そんな中来てくださった方に心から感謝です。ありがとうございました。また次の詩集にむけて頑張りますね。明日はPOの編集会議。大きな特集を用意しています。みなさま、楽しみにしていてくださいね!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花金にビールで乾杯!

今週も週末を迎えました。今夜は花金、どっかで一杯飲んでいらっしゃいますか? わたしは今年の天神祭以来、すっかりビール党になりました。いろんな銘柄を飲んでみましたが、今一番のお気に入りはキリンラガークラシック、かな。とはいえ、そんなに飲むわけではありません(ちょっと言い訳、笑)。仕事も一段落、新しい本の制作にかかる嵐の前の静けさです。今日はずっと以前に出版してくださった『ダブリン・ウォーキングガイド』というガイドブックの著者に初めてお目にかかりました。女性の経営者の方で気さくなすてきな方でした。頑張っておられる姿にパワーを頂いた感じです。で、ビールで乾杯、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の風の会

連休も終わり明日からまた仕事ですね。さて、9月21日(日)の風の会ですが、久しぶりにゲストとして出させて頂くことになり、今日はバックに音楽を流そうと曲選びをしていました。いろいろ迷ったあげく、結局ブラームスのチェロソナタにしました。秋の夜にぴったりのやわらかで少し悲しげな調べ・・・朗読はともかく音楽は楽しみにしていてくださいね! 演奏はジャクリーヌ・デュプレのチェロ、ダニエル・バレンボイムのピアノです。コラボレーションの相手として不足はないなあ、笑。これから朗読する詩を選びます。静かな語りの朗読にしたいな。お時間のある方は遊びにきてくださいね。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休ですね!

ロマン詩選の校正が続々と帰ってきています。中に暖かいお手紙が入っていて、感動したり、訂正がないとほっとしたりしています。新しい仕事との合間でちょっと一段落、滅多に土曜日は休みませんが、明日はお休みさせて頂いてミニ旅行に行ってきますね。箱根です。カメラを持っていきますが、まだまだ慣れないのでうまく撮れるかな? みなさまもよいお休みをお過ごしくださいね!月曜日は京都詩人の会の会議。10月11日のイベントの打ち合わせです。事務所を三日もお休みするので、観葉植物のパキラ(やったかな?)にしっかりお水をやってきました。ちょっとのまにぐんぐん大きくなるパキラちゃんです。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンパルナスの灯

昨日のことですが、もう本当に何年かぶりにビデオを見ました。「モンパルナスの灯」です。前にも一度見たのですが、前に見た時よりもぐっと印象が深かったのは何でかな?アル中で病気のモジリアニを助ける女たち、みんなそれぞれ切なかった。芸術家がデカダンであった時代ですね。画商を演じるリノ・バンチュラの恐さ。モジリアニの絵の素晴らしさを認めつつも、彼が死んだら絵を買うという、まるで「死の商人」ぶり。貧乏と病気の中で彼は亡くなるのですが、映画ではジャンヌが飛び下り自殺するところまでは描いていません。ジャンヌの役はアヌーク・エーメ。若い日の美しい彼女の姿、何と今から50年前の映画でした。モジリアニと一緒に暮らし始める時に言ったジャンヌの台詞が良かった! 「Je suis prête」。翻訳は「覚悟はできているわ」でした! 彼の台詞は「今なら全宇宙を描くことができる」。そうそう、素晴らしいパートナーとの出会いは、全宇宙をも描かせるもの。もっとも天才ならば、でしょうけど、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマン詩選の校正

ようやく『現代生活語・ロマン詩選』の校正が出せるようになりました。これも頑張ってくれたスタッフみんなのお蔭です。今年はアンソロジーが重なって大変でしたが、出来てしまうと大勢の声というものはいいなあ、と思います。単色ではなくてさまざまな色、光、音、ことばの洪水ですね。今日はスタッフの美和子ちゃんの娘さんのあややちゃん(本当の名前はあやちゃんです、笑。)を事務所で一時あずかりました。おまけにスタッフ全員揃って賑やかな一日でした。『新・日本のテーマパーク研究』の営業で今日は大阪北部を廻りましたが、ジュンク堂堂島本店の10冊を筆頭になかなかいい感触。これからが益々楽しみです。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の詩、大阪弁バージョンで…

今年は秋が早そうですね。例年ならまだセミが鳴いていたような気がします。

さて、九月の詩、尾崎の「ふう ふう」(大阪弁バージョン)をアップしましたので、ご覧下さい。大阪のうどんのように、なかなかコクがあって美味しいかも。トップから「今月の詩」をクリックして入れます。

                          (尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »