« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

大阪国際児童文学館

大阪国際児童文学館が、とうとう閉鎖されるということでショックを受けています。大阪が世界に誇れる児童文学館、80万冊の蔵書を一体どうするのでしょうか! 府下の図書館ではそれだけの蔵書を収納できるところはないそうです。バラバラになってしまうのでしょうか。大文連の「大阪府文化芸術年鑑」も助成金が打ち切られ、来年から休刊となりました。ほんまに大阪府はどうなってんねん! せやけど、橋下知事を選んだのは大阪府民やなあ・・・。悲しいかな、大阪から文化の灯が消えそうです。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版ランキング

毎年この時期になると、「出版ニュース」という雑誌に、昨年一年間の出版点数による出版ランキングが発表されます。それによると全国の出版社は4055社、そのうちで竹林館は出版点数21点で、676位でした。(本当は23点なのですが、把握されているのは21点みたいで、ちょっと残念!)ちなみに一位は講談社、2位新風舎(今はもうなくなりましたが)、3位文芸社、4位学研と続きます。一昨年よりランキングがあがりました。点数が多ければいいというものでもありませんが、よく健闘したな、と思います。スタッフや周りのみなさまのお蔭です。今日はひとり乾杯でもしようかな、いぇい!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巫女になりました!

今日は京都の安森ソノ子さんの会で巫女の役をしました。岡隆夫さんの朗読のバックで巫女になり、鈴を鳴らすのです。用意して下さっていた赤いスカート、白のブラウス、足は足袋と草履です。巫女になるなんて、一生に一度でしょうね。楽屋から舞台に上ったり降りたり、場所がわからなくてウロウロしましたが・・・。客席から見てたらどんなだったでしょうね。楽しい一日でした。また明日からがんばろーっと。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天満宮の虫干し

今日は、出版協会で毎年行っている「大阪天満宮」の御文庫の虫干しでした。朝10時から夕方4時頃まで。日経の取材も入りました。記事になるかどうかはわかりませんが。御文庫の蔵書は膨大な数なので、毎年虫干しをしてもひととおり終わるまで9年かかるそうです。9年に一度日の目を浴びるわけです。本が気持ちよさそうでしたよ! 私が今日風に当てた本は、中国の清の時代の歴史の本だそうです。片づける頃には本はふっくら膨らんで・・・。たまには、葉っぱや虫が挟まれていることもあり、感動します。快い疲れで今日はよく寝られるかも?(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌が出来ました!

雑誌「PO」が今回は予定どおり20日に到着しました。ただ、発送は明後日になります。明日は準備で終わるかな。今回、本文用紙を変えました。手にしっとりと馴染む紙でいい手触りです。楽しみにしていてくださいね! 出来た、と思ったら次の締切、POもイリヤも両方同時で大変です。事務所はまたまた本に埋もれてしまいました。でも、スリムなわたしなのでちょっとした隙間があれば大丈夫、笑。今夜は作品探しにがんばろーっと。追伸ですが、今日初めてお昼やすみに繁昌亭の喫茶店へ行きました。なかなかいい雰囲気、器も素敵・・・お勧めですが、ちょっとコーヒーが高いかも?(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版協会の例会

出版協会の例会は月に一度で、たいていは厚生年金会館なのですが、今日は大阪天満宮でありました。年に一度、本を奉納し、本殿で参拝してから例会です。でも例会の楽しみはおいしいお弁当、お昼からしっかり食べて大満足です。今年の研修旅行は賢島へ。海をみながら露天風呂へ入れるようです。(どこが研修やねん! いやいや何でも研修です。)ふだんどこへも行かない私なので、できたら写真を撮りたいな!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の詩、「点灯夫」アップ

今月の詩として、尾崎まことのフォトポエム「点灯夫」をアップいたしました。「星の王子様」を読まれた方は、なおにんまりされるかも知れません。街灯がランプやガス灯であった時代、点けたり消したりする人材が必要だったのですね。

トップから入れますが、写真に細工してありますので、一度ウエッブ版「イリヤ」の今月の詩へ、来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい一週間

新しい一週間が始まりましたね! 今日は星占いが最下位(ちなみに私はさそり座)でしたが、特に変わったこともなく大丈夫でした、笑。今日から『風のアンソロジーⅨ』の編集にとりかかりました。三年毎のこの企画、賞も関係して作品はみんな気合が入っています。5月末頃には校正を出せるように頑張りたいと思います。私も今年は詩集を出そうかな? 『愛の手帖』からはや三年、数だけはあるなあ、笑。(真由美)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨の土曜日

今日は雨でしたね。雨の音を聞くのはわりと好きです。水の音はどこか懐かしくて、こころが落ち着くのかな。今日は経理の仕事が一段落してほっと一息。来週からまた新しい仕事にかかります。詩のアンソロジー『アンソロジー風Ⅸ』と『日本のテーマパーク研究』です。夜は食事の時に梅酒ロックを飲んでくつろぎ、週末を楽しみました。どこからか新しいエネルギーが湧いてくるような、いい夜でした。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本文学

仕事の関係ですが今、雑誌「新日本文学」を読んでいます。60年代のものですが、執筆者の名前を見ると錚々たるメンバーで、日本の文学を背負ってきた作家や詩人の名前がずらっと並んでいます。文学がまだ元気だったころの熱気を感じるもので、手にとってみるだけで値打ちがあります。読書の時間は主に通勤電車の中ですが、結構ラッシュにかかるので大変。吊り革を持って斜めになりながら読んでいます。たくさんのエネルギーを頂きながら。今日は、まことさんの奥さんの差し入れの大きなナッツの缶詰を三人で半分くらいたいらげました。荷造りの合間の休憩でした。また、○○になるかも、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左子真由美さんの5月の詩♪

「整列」です。

無駄とごまかしのない言葉たちには、はっとしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐古祐二さん、5月の詩です!

5月という月の夜は、思いきりリリカルかもしれません。

というわけで、祐二さんの5月の詩、「リリカルな夜」をアップしました。

どうぞお楽しみ下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しみながら

明日からまた連休ですね! 楽しみながら仕事をする、ということを信条にしていながら、それを忘れて焦っているときがあります。でも仕事やからなあ、それで当たり前なのかもしれません。そんな時(どんな時や?!)詩があるのはうれしいことです。言葉の森で木漏れ日を浴びて、また元気になりましょう!(自分に言い聞かせているみたい、笑。)五月、麗しの五月です!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の詩、更新のお知らせです♪

今日から風薫る5月です。

ということで「5月の風」と題する尾崎の詩を、今月の詩として更新いたしました。トップから入れますので、どうぞ!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »