« プレゼンテーション | トップページ | 夕陽の光芒 »

春まだ浅く・・・

それにしても寒いですね! 春まだ浅く、月若き、・・・昔覚えていた歌なのですが、メロディは浮かぶのに、誰の詩だったか・・・。でも口ずさむと涙が出そうになります。おかしいけど、泣きそうになる歌が好きなのです。悲しいこともないのに、なんでかな? 中学生の時、埃と汗まみれになって運動場を走りながら(体育会系でしたので)講堂から流れてくるコーラス部の美しい歌声に泣きそうになっていました。大人になってからはお酒を飲んでよく泣きました。ネクラなのですね、笑。でも昼間の私は元気です。なにせ元体育会系ですので。明日から4月、新しい頁の始まりです!頑張ろうっと!(真由美)

|

« プレゼンテーション | トップページ | 夕陽の光芒 »

コメント

投稿: ケイン | 2008年8月16日 (土) 16時38分

関西人ですが、私に中学時代の思い出の歌です。

歌詞は少し記憶と違いますが、盛岡市立渋民小学校の校歌でもあります。
作詞:石川啄木
作曲:清瀬保二

春まだ浅く 月若き
生命の森 夜の香に
あくがれ出でて 我が魂の
夢むともなく 夢むれば
さ霧の彼方 そのかみの
希望は遠く たゆたいぬ

そびゆる山は 英傑の
跡を弔ふ 墓標
音なき河は 千歳に
香る名をこそ 流すらむ
此処は何処と 我問えば
汝が故郷と 月答ふ

投稿: akailgniz | 2010年3月 2日 (火) 04時29分

初めてで、間違いがあるかも。
すみません。

投稿: akailgniz | 2010年3月 2日 (火) 04時32分

akailgnizさん、ありがとうございます。やはり石川啄木ですね。外にないと思っていましたが、ずっとわからないままでした。歌詞を書いてくださって感謝です。この歌詞、ちゃんと保存しておきますね。ところでお名前は何とお読みするのでしょうか? また機会があれば教えてくださいませ。

投稿: アドリアナ | 2010年3月 2日 (火) 20時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春まだ浅く・・・:

« プレゼンテーション | トップページ | 夕陽の光芒 »