« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

今年もありがとうございました。

今年もあと数時間。イリヤを見にきて下さったみなさま、本当にありがとうございました。ウエッブ版イリヤを作り始めて一年。来年も美味しい詩を目指して、全力で頑張りたいと思っています。それもみなさまとの連帯があればこそ、です。昨日、今日、慣れない家事で疲れました、笑。仕事をしている日常が一番いいな!みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいね。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もあと二日

今日は事務所で返品を整理しました。ようやく、です! 山積みされていた本が片づいて、歩く場所が出来たばかりか、ダンスも出来そうです(!?)。今年は収穫の多い年でした。だのに、かな? だから、かな? ただ年末というだけなのに、ちょっとセンチになっている私です。駆け抜けてきた思いがわーっと押し寄せてくるような、過ぎてゆく時間が愛しくてだきしめたいような・・・そんな年の暮れです。見えないものに、ただありがとう、と言いたくなるような・・・(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の中之島公会堂

Photo 26日に撮った中之島公会堂です。事務所から20分ぐらい歩いていけました。大阪でないような、幻想的でしたよ。

25日までなら、周辺もイルミネーションとライトアップできれいだったらしいです。来年はクリスマス・イルミネーションも撮ってきますね。

さて、それからまた歩いて事務所へ帰ろうとしたのですが、ここは日本なんだろうか?、道に迷い泣きそうになって、タクシーをひろったのでした。僕にはよくあることです。

         (尾崎)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年の仕事

今年の仕事もあと二日。ぎりぎり終われるかな、というところです。今日、関西詩人協会の会報を仕上げて、明日印刷に廻して、あと一つ、『河内つれづれ』というエッセイの第二校を送ったら一応終わりです。イリヤの編集にはかかれなかったけど、これは冬休みの宿題(まことさんの、笑)。私の宿題は、原稿書きです(また笑)。今年は書籍が23冊、雑誌が4冊、協会の会報が4回。よう出来たなあ・・・みんなみんな優秀なスタッフのおかげです。来年の展望も見えてきて、いい年の暮れになりそう。今年は大掃除出来るかな?(ちなみに去年はパスでした、大笑)(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリー・クリスマス!

まことさんの写真で大分クリスマス気分になってきました。みなさんはどんなイブでしょうか? あまり関係のない私も、イルミネーションなどを見ると、どこかウキウキします。今日は朝からやっと美容院へ。クルクルパーマになってきました。(頭の中もパーマがかかってしまったかも、笑。)夜はチキンの料理とパエリヤを作りました。といっても、とても簡単なものです。ホワイトクリスマスを口ずさんだりして・・・子供のころに覚えたホワイトクリスマス、幼い頃もそうでしたが、今でも口ずさむと胸がじんとします。みなさまどうかよい夜を! メリークリスマス!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス 2♪

左子さんにほめてもらったので調子に乗りまして、今日撮ってきたばかりのクリスマスに ちなんだ写真を載せますね。海遊館は人でいっぱいすぎると思い、近所にある「リック羽曳野」2007_12_23_019 のクリスマスツリーです。(尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス

2007_12_16_097先週日曜日に南森町のスタジオで撮影した、テーブルフォトの一つです。樹に前脚をかけているトナカイさんの仕草がかわいいです。

まだ深夜の雨が降っていますが、晴れれば海遊館がどこかの、イルミネーションを写しに行きたいです。すごい人でしょうね。人の数だけイルミネーションは灯るのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月の詩、「奇妙な形」アップ

今月の詩に、尾崎の「奇妙な形」をアップしました。

イリヤのトップ、「今月の詩」をクリックしてください。

詩は、

「言葉は分かりやすく、そして意は深く」(堀口大学)、がいいなあ。

言葉は難解、しかし意は浅く、というより意はなくて…の詩が多いなあ。

そういう、僕のはどうかなあ?

あかんなあ!

     (尾崎記)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『愛の手帖』の演奏会

豊中の服部で演奏会があり、行ってきました。今日は4曲、中でも「街頭」は力が入っていました。詩集の中での位置を考えてのことだそうです。たまたま大阪に用のあった『詩賛 大津絵』の村田先生がご一緒して下さいました。5時前に終わってその足で、先生と一緒に天王寺の「風」の会へ。音楽に詩に、と駆け回った一日でしたが、朝ゆっくり寝られたので、あまり疲れていません。もう一仕事するかな?(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンズ

いつもカメラにつけているレンズは18ー200ミリという画角のズームレンズでした。で、先週の土曜日、17ー50ミリという見た目に近い画角のズームレンズを買い、さっそく日曜日に買い物がてら、ためし撮りしました。たぶんそのせいなのでしょう、カメラが無くても、風景が明るく細かいところまでよく見えます。一眼レフカメラを使ったことのない人は、あまりわからないかもしれませんが、使っているレンズに眼がなじんできて、裸眼での見え方まで左右されてきます。

道具や機械はあきらかに人間の身体感覚を変えてしましまいます。自転車に乗れたときのように、むしろ人が変わるから、その道具や機械を使えるようになるのでしょうね。

パソコンや携帯電話の普及が人間を劇的に変えつつあるのは確かです。乗り合わせた電車の席で、杖をついた老人が立ってようがいまいが、無表情で一斉にメールを打ち続ける人たちを見ながら、少し怖い感じを受けるのは僕だけでしょうか?

    (尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩と音の会

昨日は(また一日遅れの日記ですが)京都・東本願寺近くの「渉成園」というところで、名古きよえさん主催の「詩と音の会」があり、祐二さんとわたしが参加して朗読をしてきました。さすがに京都、風情のある佇まいの町並みとお寺。よい休日を過ごすことが出来ました。司会の方がイリヤを紹介してくださいました。イリヤもちょっとは知られてきたなあ。わたしは『愛の手帖』からひつじさんの詩ばかり5編朗読しました。朗読の途中で、若い女性の方と目が合いましたが、こちらを見つめている目が赤くなっていて、涙がたまっていてびっくり! もしかしたら目にゴミが入ったとかそういう理由かもしれませんが、詩を聞いてくださって涙が浮かんでいたのなら、望外の喜びです。でも気のせいかな?(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ・オブスキュラ

ようやく完成し、発送にかかりました。包装からすでに詩が始まっていますので、どうぞお楽しみに! (これは比喩です。詩が書いてあるわけではありません、笑。)2、3日うちに発送を終える予定です。読み終えたらあなたの人格が変わるかも?(もちろんいい意味です、また笑。) それほど衝撃的な詩集だと思います。生きるとは何か、詩とは何か・・・答がこの詩集の中にあるような気がします。手ごわい詩集です。私も頑張らなくちゃ。でも能天気な私にはなかなかいい詩は書けそうにないな。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

昨日、北浜の「花外楼」で今年初めての忘年会でした。昨日・・・と今日になって書くのは、夕べは帰りが遅すぎて、書けなかったのです、笑。出版協会の忘年会だったのですが、場所がいいところでした。天保年間に建てられた料亭で、名付け親は木戸孝允だそうです。普段は縁のないところですが、大阪のど真ん中にこんな静かな場所があるなんて・・・お客様をご招待するのにええで、とか業界の仲間に冗談半分に言われましたが、とてもとても・・・。いい経験でしたが、今朝になって名刺入れがない! 酔っぱらって名刺入れをなくしたみたいです。これで2回目。あ~あ!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今月の歌」を…

ウエブ版イリヤ「今月の歌コーナー」にある詩を、それぞれの詩のコーナーに移動を開始しました。左子真由美の「神よ」「5月の歌」他、佐古祐二の「橋をわたって」「鳥」他、尾崎まことの「ウインク」他などです。ウエブ版イリヤも誕生してから10ヶ月近く経過しました。一般に市販されているペーパー版詩集に負けない、ボリュームと質を目指しております。

本になった詩集でしか味わえないモノとしての存在感、およびその重量が醸し出す「ポエジー」というものを承知しています。けれど、ウエブでしか感じとれれない電子空間のあやうさと無限の拡がり、というなかでの「ポエジー」というものも、確かにあるような気がいたします。どうか皆様の応援をお願いいたします。

                                    尾崎記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリヤが賑やかになりました!

尾崎さんがせっせとアップしてくれています。いつもありがとう、です! 自分のを最後にしてわたしや祐二さんのものからアップしてくれて・・・頭を下げています、ペコリ。見えるかな? その尾崎さんの詩集、カバーのやり直しをしています。出来上がったのが気に入らないので、もう一度刷り直しです。本文は出来ているので、もうすぐなのですが。こちらもいつも後回しにしてごめんなさい。でもテキストは誰にも負けません。きっとまもなく素晴らしい詩集をお目にかけることが出来ると思います。どうぞお楽しみに!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の詩、真由美さん「鳥と地図」

はや12月です。

一年は後半になるほど加速度的に早く過ぎさるような気持ちがするのは、僕だけでしょうか?

さてイリヤの今月の詩に、さっそく左子真由美さんの「鳥と地図」をアップしました。

鳥と地図…と聞いただけで無意識が騒いで、なにか不思議な連想が生まれてきそうな組み合わせですね。近頃、寝言が狂言か、その反対に予定調和的な腑に落ちすぎる詩が席巻してしまった感がありますが、左子さんの詩はいつも言葉の外が問題であるような詩になっています。写真でいえば、フレームの外です。

逆に言えば、フレームのなかに納めようとする「現代詩らしさ」というものが、とっくに耐用年数がつきているのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月ですね!

11月20日頃から引いていた風邪がようやくよくなりそうです。みなさまは、大丈夫ですか? イリヤの編集会議を終えて、これから作品を書きます(真面目な弟に叱られそうですが、笑)。今夜はやっとご飯がおいしく食べられました。でも風邪のひどい時、おかゆがなんておいしいんやろ!と思った私は食欲がなかったのか、あったのか、よくわかりません。体調を整えつつ、また頑張りたいと思います。明日は3週間ぶりのお休みです。いぇい!(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »