« 最後の一周 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 »

佐古祐二さん、11月の詩

今日から11月になりました。そのせいでもないでしょうが、夜にはいって肌寒いです。さっそく、祐二さんから「今月の詩」がみなさんへ届きました

「宣言」というタイトルですが、今夜とは違ってなかなかあったかです。イリヤのトップから「今月の詩」をクリックすると跳べますので、秋の夜長のひととき、ぜひ読んでくださいませ。

さて、関西詩人協会のHPの「詩誌案内」欄にイリヤが掲載されました。

また発売されたばかりの「詩と思想」の11月号、詩誌評にも、私ども同人三名の詩を引用しながら紹介していただいております。さらに、原子修さんの現代詩時評「詩は、社会現象たりうるか」において、真由美さんの創刊号の詩篇より三篇を引用され、高い評価をいただきました。いずれ皆様にも詳しい報告をしたいと思いますが、皆様の日頃からの応援がこうして実を結びはじめていると思います。

イリヤ二号は1月14日発行の予定で、そろそろ原稿準備のだんかいです。創刊号が好評だったので、もっとがんばります。お楽しみに♪

|

« 最後の一周 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐古祐二さん、11月の詩:

« 最後の一周 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 »