« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

京都詩話会

P1010132 京都詩話会の30周年のイベントに参加してきましたが、充実したとてもいい会でした。講演では、久しぶりに宇佐美先生のお話をお聞きしました。「中原中也の現代性」、先生のご専門の仏文学のお話をまじえながらでしたが、中也が自分を半透明なクラゲのような存在だと捉えていたというのは面白かったです。不透明体である健全な人間と比べてですが、中也は詩人のイメージの極北にあると。で、朗読の時間になり、厚顔にも先生の前でわたしはフランス語で詩の朗読をしてしまいました! (決して自ら進んでではありません。)あとで、「あなたの訳ですか?」と聞かれ、慌てて否定しました。「とんでもない!」。下手な朗読でしたが、でもまあ、いっか。愛嬌、愛嬌、早く忘れましょう、笑。(真由美)(写真は京都詩話会の平木 孝太朗さんが撮影してくださいました。ありがとうございました!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーブル・フォト

今日初めて、マクロレンズなどを使って「テーブル・フォト」なるものを写真教室で勉強してきました。三時間ぶっ続けの撮影だったので、泳いだ後のように疲れました。でも、尾崎の言葉ばかりで肥大した右脳ではなく、イメージの世界の右脳で遊ぶ世界なので、夢のように楽しかったです。

さて、その教室ではときどき一般の方を迎えてフォトサロン(展示会)などもするそうです。お話によると、ここで学ばれているアマチュアの方の写真が結構売れるとのことです。詩人の世界では、谷川さん新川さんクラスでない限り売れたりしないので、驚きです。Dscf0417

では、今日の作品?から…。(これらの花たちは造花でなく本物です)

これからもいいのがあれば(なくても)アップしていきますね。

    (尾崎記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えざるものと見えるもの

最近、十数年ぶりに一眼レフを買い、事務所の近くにある写真教室に月二回ほど通い始めました。

実は40才を過ぎた頃十年勤務した食品業界のサラリーマンをやめ、夢であったカメラマンを志したことがありました。カメラマンにも色々ありますが、仕事がハードでおしなべて体力勝負というところがあります。案の定、病を得て二年半で挫折することになりました。来るのが遅すぎた中年新人カメラマンは、それはそれで「遅刻した青春」ような充実した日々を送っていました。分野が舞台撮影ということで、今まで不案内だったバレエやクラッシック音楽や合唱に接することができました。演奏会中、感動の余り泣いてしまって、ファインダーがよく見えないのに、シャッターを夢中で切っていたこともありました。(学生さんの余りうまいとは言えないオーケストラでも、これが最後の演奏家で売り出し中のコンダクターの指揮を得て、奇跡的に乗ってきて、ベルリンフィルを超える?ことがあるのでしょう。)

現在は、見えるものの奥にある見えないものを言葉で探るような仕事を一生の仕事として課しています(それで食べていけるということでは全くありません)。いずれにしろ勝負は見えないものです。しかし久しぶりにファインダーを覗いてみて驚くことは、見えることが全ての世界にあって、言葉という機能がほとんど用を成さないという事態でした。

見えざるものがすべてのような詩の世界と、見えるものがすべてであるような写真(イメージ)の世界を往還しながら、おそらく僕自身も、この世から消えたり現れたりの明滅を繰りかえすのでしょうね。ではしばし消えることにいたしましょう。~パシャ!

            (まこと記)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久しぶりに・・・

日記を書きます~。夏休みが終わって今日から仕事。夏休みに宿題をいっぱいしたので、今日は焦らずゆっくり仕事が出来ました。「イリヤ」にお手紙をたくさん頂いています。明日はそのお礼状書きかな。その次は、新しい詩集の発送が1100部ほど。これは大仕事です。お昼に外に出ると、痛いような夏の陽差し・・・でもこの絶好調の暑さが好きなので、傘も帽子もなしで歩いています。焼き豚になるかも?(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカンスの季節

朝の通勤電車が何となくすいているし、地下道も朝はぶつかるほどの人だったのに、みんなどこへ行ったのかガラガラです。引き潮の浜辺みたい。そう、夏休みなのですね。バカンスの季節、私のお客様も海外へ行ってる方が多いです。(私はいつ行こう?)仕事ばっかりと、心配しないでくださいね。そのうちにまとめて逃亡します。恋の逃避行かも、笑。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想第一号到着!

イリヤの感想の第一号が到着しました。ちょうど発送の日にいらして、手渡ししたK氏からのお手紙でした。暖かく、しかも核心をついた文面、とてもうれしかった! 明日あたりいっせいに送った分が届くことと思います。ドキドキ・・・。

今日は装幀が二つ完成しました。英語だけの詩集(これは海外の詩人に主に配られるものなので、墨絵を使いました)、あとは小説『夢の庭』というものです。事務所というより工場のようやなあ・・・、毎日何かを創り出しています。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イリヤの発送

イリヤの発送作業をしています。かなり終わって多分明日送れそうです。いい反応があればいいな。 みなさま到着したらかわいがってやってくださいね! 

今日携帯を新しくしました。ピンクでかなり小型のものです。開けると文字盤に小さな灯がいっぱいついて、ちょっと幸せ気分。でも、メールの濁点が打てずにしばし苦労しました。「ただいま」が「たたいま」になってしまいました、笑。どうも機械に弱いです。(真由美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »